航空会社

米大手3社「台湾」表記を削除 中国要求に応じ

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 【北京・河津啓介】中国が外国の航空会社に、「台湾」を国家と受け取れる公式ホームページ(HP)の表記を変更するよう要求して米政府が反発していた問題は25日、中国側が設定した変更期限を迎えた。ロイター通信によると、対応が注目されていた米国の大手航空会社3社が期限までに中国の要求に応じる形で「台湾」の表記を削除した。

 米大手のユナイテッド航空などはHPの予約画面で発着空港を選ぶ際、従来表示されていた「台湾」の文字を削除し、「台北」などの都市名だけが表示されるようにした。ただ、同時に中国の空港から「中国」との表記も消している。

この記事は有料記事です。

残り352文字(全文615文字)

あわせて読みたい

注目の特集