メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

青森県警

募集してます「民間通訳人」 少数言語なお歓迎

翻訳作業をする県警刑事企画課の太田直城さん=青森県警本部で、岩崎歩撮影

事件・事故に巻き込まれた外国人らに対応

 日本を訪れる外国人が増加する中、青森県警が、外国人が事件事故に巻き込まれたり、容疑者として取り調べたりする際に対応する「民間通訳人」を募集している。現在、対応できるのは9言語と限られており、県警刑事企画課の野里和保次長は「外国人の増加が見込まれる中、多くの人員や言語を確保し、万全な対応を取っていきたい」として、通訳態勢の強化を図る考えだ。

 同課によると、外国語に堪能な警察官・職員の通訳人は現在23人で、英語、中国語、韓国語など5言語に対…

この記事は有料記事です。

残り1000文字(全文1240文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 京アニ「社員の師匠」木上さん、なお不明 「キャラに生命」「あの優しい人が…」
  2. 加藤浩次さん、大崎・岡本両氏退陣なければ「吉本やめる」
  3. 「冗談だった」「圧力のつもりない」…吉本社長会見、古い体質露呈
  4. 吉本興業、宮迫さんらの処分撤回 岡本社長、会見で謝罪
  5. 「著名人」当選は3人 最多得票れいわ・山本太郎氏、96万票獲得も落選

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです