火星大接近

近づく火星、夜空にひときわ赤く輝いて

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
大接近中の火星。南東の夜空に赤い星がひときわ明るく光っている=名古屋市中村区のミッドランドスクエアから2018年7月24日午後8時40分、鮫島弘樹撮影
大接近中の火星。南東の夜空に赤い星がひときわ明るく光っている=名古屋市中村区のミッドランドスクエアから2018年7月24日午後8時40分、鮫島弘樹撮影

 火星と地球が最も近づく「火星大接近」を31日に控え、南東の夜空に明るさを増した火星がひときわ赤く輝いている。

 火星と地球はともに太陽の周りを回っているが、内側を回る地球が火星より速いため、2年2カ月ごとに火星を追い越す時に最接近する。その距離は毎回違い、今回は31日に5759万キロと、15年ぶりの…

この記事は有料記事です。

残り142文字(全文292文字)

あわせて読みたい

注目の特集