メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

鹿児島

阿久根市の返礼品は米職人フォークさんのギター

「見てひらめいた」とトロ箱ギターを思いついたきっかけを語るフォークさん=鹿児島県阿久根市役所2階大会議室で、降旗英峰撮影

 鹿児島県阿久根市は、5年前に市に移住した米国出身のギター職人、スティーブン・フォークさん(54)が作ったギターをふるさと納税の返礼品として贈ることを決めた。

 60万円相当のクラシックギターと共に目を引くのが、地元の魚市場などで使われる「トロ箱」で作ったギター。表面板やネックを付け、弦も張った本格的…

この記事は有料記事です。

残り83文字(全文233文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 切羽詰まった心理につけ込み… トイレ修理のトラブル増加、150万円請求も

  2. 真面目なラブホテル苦境 給付金もGoToも対象外 「推奨されていい」はずなのに

  3. 中村文則の書斎のつぶやき コロナから逃げる政権

  4. オリックス山崎福 「緩急はまった」充実の3勝目 好けん制にも助けられ

  5. 「ミルクボーイ」の内海さん、新型コロナ感染 駒場さんも自宅待機

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです