メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

猛暑

名古屋刑務所 40代の男性受刑者が熱射病で死亡

 名古屋刑務所(愛知県みよし市)は25日、40代の男性受刑者が24日早朝に、熱中症のうち最も重い状態の熱射病で死亡したことを明らかにした。男性受刑者は4階建て施設の4階にある1人部屋に収容されていた。同刑務所は受刑者の居住部分や作業スペースに冷房は設置されていない。

 同刑務所などによると、24日午前5時35分ごろ、男性受刑者が嘔吐(おうと)して布団に横たわっているのを巡回中の刑務官が発見した。呼びかけても反応がなく、病院に救急搬送したが、約1時間後に死亡が確認された。持病はなく、約15分前の見回りでは異常がなかった。

 男性受刑者の部屋は当時、外に向いた窓が風通しのある状態になっており、廊下から扇風機で送風していた。自殺防止などのため、扇風機は室内に置いていない。異変を見つけてから約1時間後の室温は34度だった。

この記事は有料記事です。

残り388文字(全文748文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 真面目なラブホテル苦境 給付金もGoToも対象外 「推奨されていい」はずなのに

  2. 「量が多く面倒」児童の絵日記などを家庭ごみで廃棄 教員を停職処分 新潟

  3. 大坂なおみ選手起用「かわいさ」狙った広告に集まった批判 その背景は

  4. ジャパンライフに8000万円投じた女性 「安倍首相らが広告塔なので信用」

  5. 「僕が駅を利用しない方がもうかるのか」 疎外感訴える障害者 無人駅巡りJR九州提訴へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです