欧州司法裁

ゲノム編集は遺伝子組み換え 規制対象と判断

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 【ブリュッセル八田浩輔】欧州連合(EU)の欧州司法裁判所は25日、遺伝子を効率よく改変する革命的な技術「ゲノム編集」で開発した作物も、原則として従来の遺伝子組み換え作物(GMO)の規制の対象とすべきだとの判断を示した。世界で開発競争が進むゲノム編集作物とGMOの区別を巡り、欧州では消費者団体を交えた激しい論争が繰り広げられてきたが、研究機関や企業にとって厳しい司法判断となった。

 ゲノム編集は特定の遺伝子を狙って切断して効率よく改変する新しい技術。作物に応用すると過酷な環境で育ったり、収量や特定の栄養素を高めたりすることが可能になるが、国際的にルールの整備は追いついていない。訴訟はフランスの農業団体が、従来のGMOと異なり外来の遺伝子を導入しないゲノム編集作物は、GMO規制が適用されるべきか司法判断を求めていた。

この記事は有料記事です。

残り316文字(全文677文字)

あわせて読みたい

ニュース特集