メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

社告

第62回全日本学生本因坊決定戦 第54回全日本女子学生本因坊決定戦 来月3、4日、日本棋院会館で

昨年の「学生本因坊戦」「女子学生本因坊戦」で4強入りした選手たち。優勝した大関稔さん(前列左から2人目)と藤原彰子さん(同3人目)は今年、3連覇を目指す=日本棋院会館で

 <出かけてみませんか 毎日新聞社の催し>

     学生囲碁の頂点を目指す「第62回全日本学生本因坊決定戦」「第54回全日本女子学生本因坊決定戦」(ともに毎日新聞社、全日本学生囲碁連盟主催、日本棋院後援)を8月3、4日、東京・市ケ谷の日本棋院会館で開催します。公開対局で、自由に観覧できます。

     全国8ブロックの地区代表となった大学生の男子32人、女子23人が出場します。学生本因坊戦はすべてトーナメント戦。女子学生本因坊戦はリーグ戦で4強を決めた後にトーナメント戦です。ともに3日は午後2時から、4日は午前9時から対局開始。準決勝は4日正午から、決勝と3位決定戦は同日午後2時半から開始予定です。

     近年の学生碁界は層が厚く、トップグループの選手は一般アマ大会で優勝できる実力を備えています。昨年は学生本因坊戦で専修大の大関稔さん、女子学生本因坊戦で早稲田大の藤原彰子さんが、ともに連覇を果たしました。3連覇を目指す2人を軸に、今年もレベルの高い熱戦が予想されます。

     男女優勝者にそれぞれ「学生本因坊」「女子学生本因坊」の称号が贈られます。両者には「第64回全日本アマチュア本因坊決定戦」(8月18、19日)の出場権が与えられ、全国の強豪たちとアマチュア日本一をかけて争います。

     全日本学生本因坊決定戦 特別協賛 アフラック、スターツグループ、滝久雄(ぐるなび創業者)

     全日本女子学生本因坊決定戦 協賛 囲碁・将棋チャンネル、アフラック、スターツグループ、滝久雄(ぐるなび創業者)

    出場選手(敬称略)

     ■学生本因坊決定戦

     大沼亮介(北海道大)道川伊織(北海学園大)五十嵐壮太、千田渉太、及川陽平(東北大)大関稔(専修大)石田太郎、星合真吾、津田裕生(早稲田大)坂倉健太(慶応大)栗田佳樹、山田真生、伊藤佳樹(東京理科大)坂室智史(埼玉大)松原仁(東京電機大)角田大典(青山学院大)山田翔世、西村健太(金沢大)岡田健斗(中京大)鈴木友博(愛知県立大)杉田俊太朗、吉村維倫、西村僚太郎、今野遼平(立命館大)張鴻霄、波多野寛太(京都大)岡本大和(高知工科大)竹田幸一、田中恒(広島大)阿部健太郎、寺下龍太郎、近藤弘基(九州大)

     ■女子学生本因坊決定戦

     渡部春妃(北海道大)座主悠香、山崎真瞳子(東北大)藤原彰子、斉木果穂、彦坂多美、岡村菜々子(早稲田大)、矢野紗耶香(神田外語大)薛詩雨(学習院大)辻萌夏、勝又佳織(慶応大)曽川マリー(東京大)斉藤綾(富山大)青池小春(浜松学院大)保坂いずみ(椙山女学園大)山本香菜、竹野麻菜美、倉科万以子、浜崎明日佳(立命館大)日野理衣子(大阪大)森松歩、上田梨菜(岡山大)村上絢音(第一薬科大)


     t.jigyou@mainichi.co.jp

    おすすめ記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. ORICON NEWS Hey! Say! JUMP、全国ツアー開催を見送り 一部ファンの迷惑行為の影響
    2. 神羅万象チョコ 15年の歴史に幕 累計1億2575万個販売 7月に最終弾発売
    3. 「自分の息子信じたい」被告の両親通報せず 妹は通報提案 野田・女児虐待死
    4. 丸山穂高議員、露に謝罪の維新を批判
    5. いだてん 孝蔵役の森山未來が金原亭馬生と古今亭志ん朝も演じ分け 語り含め1人4役に視聴者衝撃

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです