特集

シネマの週末

ベテラン映画記者が一本の映画をさまざまな視点から論評を加えます。チャートの裏側も紹介。

特集一覧

シネマの週末・トピックス

沖縄スパイ戦史

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 戦後73回目の夏。戦争体験者は減り続けても、その証言は語り尽くされることがない。このドキュメンタリーは、沖縄で10代の少年により編成された「護郷隊」の証言、日本軍兵士による地元民殺害の目撃証言などを集めている。「標的の村」などを手がけた三上智恵、若手ジャーナリストの大矢英代が共同監督。

 護郷隊は1944年秋、陸軍中野学校出身の青年将校が、地元の少年を選抜。米軍の食料庫を襲ったり、わざと捕まって収容所の弾薬庫を爆破したりとゲリラ戦を展開した。80~90代の元少年兵が、エ…

この記事は有料記事です。

残り356文字(全文593文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集