メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ぐるっと首都圏・アートを歩く

芸術さんぽ 茨城県陶芸美術館(茨城県笠間市) 自由で斬新、技法の世界 /東京

 陶芸体験などもできる「笠間芸術の森公園」の緑豊かな丘陵の上にある「伝統工芸と新しい造形美術」がテーマの美術館。広々とした展示空間で、近現代の陶芸作家の代表作が鑑賞でき、笠間焼の歴史や技法も学べる。

 笠間市で作陶した人間国宝の松井康成(1927~2003年)と、陶芸家として初めて文化勲章を受章した県出身の板谷波山(1872~1963年)の特集展示コーナーでは、自由で新しい技法や表現が生まれてきた、やきものの世界に触れることができる。

 松井は「練上(ねりあげ)」を進化。色の異なる土を重ねたり、練り合わせたりして文様のある素地土をつく…

この記事は有料記事です。

残り427文字(全文695文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 読谷村 高2少女が生後5カ月妹抱いて逃げ…不法侵入疑いの米兵不起訴 村長強い憤り/沖縄
  2. 事故 青森の車4台衝突 搬送8人のうち3人死亡確認
  3. レスリング 栄氏が至学館大を退職 
  4. 自民総裁選 進次郎氏、制止され早期表明断念
  5. 沖縄読谷 米兵、酔って民家侵入 高2長女、妹抱え逃げる

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです