メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

打ち上げ花火

東電有志が提供 再稼働へ住民の信頼醸成? 柏崎「海の大花火大会」 /新潟

 柏崎市の夏の夜空を彩る26日の「海の大花火大会」で、“東京電力銘柄”の打ち上げ花火が8年ぶりに復活した。東電は2011年の福島第1原発事故を機に花火の提供を中止。今回は法人としての東電ではなく社員有志による提供だったが、東電柏崎刈羽原発の担当者は「地域の一員として花火大会を盛り上げたいとの思いから募った」としている。

 柏崎刈羽原発を巡っては昨年12月、6、7号機が原子力規制委員会の審査に合格。再稼働に慎重だが推進派…

この記事は有料記事です。

残り406文字(全文616文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 京アニ「社員の師匠」木上さん、なお不明 「キャラに生命」「あの優しい人が…」
  2. 加藤浩次さん、大崎・岡本両氏退陣なければ「吉本やめる」
  3. 「冗談だった」「圧力のつもりない」…吉本社長会見、古い体質露呈
  4. 「著名人」当選は3人 最多得票れいわ・山本太郎氏、96万票獲得も落選
  5. 吉本興業、宮迫さんらの処分撤回 岡本社長、会見で謝罪

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです