メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

打ち上げ花火

東電有志が提供 再稼働へ住民の信頼醸成? 柏崎「海の大花火大会」 /新潟

 柏崎市の夏の夜空を彩る26日の「海の大花火大会」で、“東京電力銘柄”の打ち上げ花火が8年ぶりに復活した。東電は2011年の福島第1原発事故を機に花火の提供を中止。今回は法人としての東電ではなく社員有志による提供だったが、東電柏崎刈羽原発の担当者は「地域の一員として花火大会を盛り上げたいとの思いから募った」としている。

 柏崎刈羽原発を巡っては昨年12月、6、7号機が原子力規制委員会の審査に合格。再稼働に慎重だが推進派…

この記事は有料記事です。

残り406文字(全文616文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 近鉄特急にはねられフィリピン女性死亡 東大阪・東花園駅

  2. 名阪国道、奈良知事が異例の有料化要望 トラック流入で事故や渋滞多発

  3. 台風19号 高校生向け代行バス、非公表で通学用に JR長野支社

  4. 記者も身を寄せた避難所 「体育館で雑魚寝」でいいのか

  5. 250万円提示に住民「ゼロが足りない」 油被害で鉄工所が説明会 佐賀

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです