メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ショートメール

沼津と日露友好 /静岡

 2年前の「勤労感謝の日」の朝、自宅で寝ていると携帯の着信音で起こされた。「どうして来てくれないの? すごいことなのに」。不満そうな電話の主は、当時、就任直後だった大沼明穂・沼津市長。ロシア大使館を訪れるというのにマスコミが集まらないのが不満なのだ。「ホントに広報してるのかな? 写メで報道発表文を送ってよ」とも。

 そう言われても急に東京まで行くこともできない。結局、市長とロシア大使との会談写真の提供を受けて記事…

この記事は有料記事です。

残り516文字(全文723文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「シナリオ」でもあるかのよう… 首相会見に行ってきた

  2. 氷バケツ運動のピート・フレーツさん死去、34歳 ALSで闘病生活

  3. 「脱皮」のダイオウグソクムシ死ぬ 世界初の前半部脱皮ならず 鳥羽水族館

  4. 唐揚げ、焼きそば、瓶ビール…官邸幹部の「セコい裏技」露呈 「桜を見る会」弁明

  5. 安倍首相公式ツイッター、ローマ教皇と誤り別のアカウントを拡散

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです