メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
MAINICHI芸術食堂

「クレイジー・フォー・マウンテン」 高度、恐怖、喜び体感 /愛知

 スクリーンで見てほしい。高度を、恐怖を、喜びをきっと体感できる。山好きであれば極限に挑むクライマーたちに(とてもまねできなくても)憧れや畏敬(いけい)の念を抱き、山に興味がなくても大自然の雄大さや荘厳さに息をのむはずだ。映画「クレイジー・フォー・マウンテン」は、豪州の女性監督ジェニファー・ピードンが室内管弦楽団とコラボレーションした圧巻の1本。本国で昨年、ドキュメンタリー映画として年間1位の大ヒットを記録している。

 いきなり、巨大な垂直の岩壁に張り付く真っ赤なウエアの男が目に飛び込んでくる。命綱はない。一つ間違え…

この記事は有料記事です。

残り725文字(全文985文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ヒグマ駆除に道外中心批判200件 札幌市対応に苦慮

  2. 「異議あり」が届く国会に

  3. 富士山山頂付近で落石 登山中の20代女性死亡

  4. ASKAさんが「CHAGE and ASKA」脱退を発表「ソロ活動に邁進」

  5. 東証大幅反落、終値は449円安 米中貿易摩擦の激化を警戒

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです