メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

貿易激震

米EU、関税撤廃交渉へ 緊張一旦緩和 両首脳が合意

 【ワシントン清水憲司、ロンドン三沢耕平】トランプ米大統領と欧州連合(EU)のユンケル欧州委員長は25日、関税など貿易障壁の撤廃を目指す通商交渉を開始し、米国が検討中の自動車・同部品の輸入制限の発動を控えることで合意した。ただ、米国との通商交渉を巡ってはEU加盟国から反発が出る恐れもあり、交渉が順調に進展する保証はない。

この記事は有料記事です。

残り1937文字(全文2098文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「いつか酒でも飲みながら」ゴジラ、イチロー引退にしみじみ
  2. トゥルシンバエワ「信じられない」シニア女子初の4回転サルコウ成功
  3. NGT48・山口さん調査報告書に「嘘ばかり」 運営会社側は否定
  4. 民放ラジオ縮小へ ワイドFM統合前提 民放連が要請方針
  5. 借り上げ復興住宅で住民女性退去の判決 最高裁初の判断

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです