メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

変革

第7部 あいおいニッセイ同和損保/8 電話顧客対応、信頼の要

事故対応に追われる週末のコールセンター=埼玉県所沢市で5月12日、松本尚也撮影

 パソコン画面に次々に現れる着信表示。4月の週末、埼玉県所沢市にあるあいおいニッセイ同和損害保険のコールセンターで、約100人の担当者が事故対応に追われていた。

 「相手方の車の修理費は保険で支払えます。ご安心ください」。入社6年目のチーフ、上田華奈子(28)は、電話口で慌てる男性にはっきりと応じた。男性は直線道路を走行中、急ブレーキを踏んだ前方の車に追突。上田はけががないことを確認し、事故や車の損傷の状況を聞き取った。男性に事故責任があると判断し、保険で対応できることを説明すると、男性はひとまず安心した様子で電話を切った。

 上田ら担当者が「保険金を支払える」と言えるようになったのは2015年4月、同社が子会社だったコール…

この記事は有料記事です。

残り829文字(全文1143文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京五輪招致 9億円の文書が行方不明の奇怪

  2. 「桜を見る会」安倍首相の説明に疑問の声 領収書、何が問題か?

  3. 沢尻エリカ容疑者を逮捕 合成麻薬MDMA所持認める 警視庁

  4. 石破氏「幕引きにならない」 桜を見る会巡り、首相に記者会見求める

  5. 大阪桐蔭が優勝 8大会連続14回目 高校ラグビー大阪大会

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです