東日本大震災

福島第1原発事故 接触調査、10月以降 2号機、デブリ回収準備

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 政府と東京電力は26日、福島第1原発事故で原子炉格納容器内に溶け落ちた核燃料(燃料デブリ)の取り出しに向け、10月以降に2号機内部に機器を投入し、デブリを初めて接触調査すると発表した。硬さなどを確認し、来年度には少量のデブリを試験採取する。

 デブリの本格的な取り出し開始予定は2021年中で、政府と東電は同原発で最も調査が進む2号機からの実施を検討している。

 今回の接触調査は、1月に内部撮影で用いたカメラ付きパイプを改良して実施する。先端に、挟んでつかめる専用機器を付け、デブリの硬さや動かせるかなどを確かめる。来年度には1号機を含めたデブリの試験採取を目指し、その調査結果を踏まえて本格取り出しの工法を決める。東電・福島第1廃炉推進カンパニーの小野明最高責任者は記者会見で「デブリは未知なるものだが、取り出しに向けてステップ・バイ・ステップで調査する」と…

この記事は有料記事です。

残り76文字(全文456文字)

あわせて読みたい

ニュース特集