メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

クローズアップ2018

オウム死刑執行 カルト、心の隙狙う 女子会・SNSも入り口、時代に合わせ勧誘巧み

オウム真理教の後継主流派「アレフ」が数年前に配ったとされる新会員向けガイドブック

 オウム真理教による一連の事件から20年以上がたった今も、宗教とは無縁を装った就職セミナーやソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)を通じて、狂信的な崇拝を行うカルト団体に取り込まれる若者が後を絶たない。一方、科学を学んだ学生らが関与したオウム事件を教訓に、大学では再発防止に向けた取り組みが続いている。

 「友達に誕生日プレゼントを買ってあげたいんだけど、おすすめはありませんか?」。昨夏、東京都内のデパ…

この記事は有料記事です。

残り2043文字(全文2249文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 首相ヤジに「#共産党は私だ」「#共産党は仲間だ」投稿広がる

  2. 3分でわかる政治の基礎知識 「27億円」秋篠宮さまが公費支出に疑問 大嘗祭の秘儀と費用

  3. やまぬ安倍首相のヤジ 今年だけで不規則発言20回超「民主主義の危機」

  4. 私道封鎖され団地が孤島状態に 所有者が通行料要求、住民拒否で強硬策

  5. 「桜を見る会」前夜祭は5000円で足りたのか 相場の半額…首相側の負担は?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです