メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ブラジル移住110年

日系社会 消える日本語

 今年は、日本から南米ブラジルへの移住が1908年に始まってから110年。戦前・戦後を通じて約25万人が海を渡り、最大都市サンパウロを中心に推定190万人の世界最大の日系社会を築いた。世代交代が進んで日系3世、4世が中心となり、6世も生まれた。非日系人と結婚する日系人が増えるなどし、日系社会はブラジル社会との一体化が進む。日本語が話せる日系人も減少しつつある。【サンパウロ山本太一、写真はいずれもブラジル日本移民史料館提供】

この記事は有料記事です。

残り4174文字(全文4387文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 近鉄特急にはねられフィリピン女性死亡 東大阪・東花園駅

  2. 名阪国道、奈良知事が異例の有料化要望 トラック流入で事故や渋滞多発

  3. 台風19号 高校生向け代行バス、非公表で通学用に JR長野支社

  4. 記者も身を寄せた避難所 「体育館で雑魚寝」でいいのか

  5. 250万円提示に住民「ゼロが足りない」 油被害で鉄工所が説明会 佐賀

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです