特集

第79期名人戦

渡辺明名人に斎藤慎太郎八段が初挑戦する第79期名人戦を特集します。棋譜中継は「棋譜・対局結果」からご覧いただけます。

特集一覧

将棋

第77期名人戦A級順位戦 三浦弘行九段-阿久津主税八段 第2局の6

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

三浦、貫禄の白星

 [先]4五歩(図)に[後]同歩は「ヒドイ利かされ」と阿久津は苦笑する。以下[先]5三角成[後]同玉[先]6二角[後]4二玉[先]5五桂[後]同銀[先]4四歩でピッタリ寄っている。

 阿久津は[後]8六歩と玉頭に嫌みをつけた。しかし内心では、届かないことを自覚していた。三浦は丁寧に面倒を見る。[先]9八玉は1時間の長考を記録した。三浦は語る。

 「自分が[先]9八玉で残していると考えているところに、阿久津さんが踏み込んできたのだから、きっと何かあると勘繰りました。考えているうちに[後]4九飛成を発見。しかしこれには[先]3九歩[後]5八竜[先]6七角[後]6九竜[先]7九歩で、やはり先手が残している」

この記事は有料記事です。

残り572文字(全文882文字)

【第79期名人戦】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集