メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

経済観測

ワールドカップと多様性の時代の知恵=経営共創基盤CEO・冨山和彦

 サッカー・ワールドカップはフランスの優勝で幕を閉じたが、決勝のクロアチア戦はこの数十年間の欧州史という観点からも感慨深かった。

 私がワールドカップを見始めたのは1974年の西ドイツ大会からで、決勝戦はトータルフットボールを掲げたクライフ率いる超攻撃的なオランダと、ベッケンバウアー率いる堅守速攻のドイツの対決。歴史に残る一戦だったが、両国の選手の人種的な同質性は高く、民族的にほぼ「オランダ人」と「ドイツ人」の対決だった。

 44年の時を経て、今回のフランス代表チームの人種的な多様性は目を見張るべきものがある。サッカーは1…

この記事は有料記事です。

残り442文字(全文704文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 桜を見る会前夜祭で首相説明「費用の明細書ない」「800人参加」「食事代の領収書ない」

  2. 桜を見る会  安倍事務所名の申込書使い自民・下関市議が「地方枠」で支援者招待

  3. なぜ相次ぐ有名人の薬物事件 背景にプレッシャー?

  4. 富山・朝日町教委、竹田恒泰氏講演中止 「教育勅語広める」授業に批判

  5. 悲願の憲法改正を次に渡すのか 「疲れた」首相が秘める終わり方の真意

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです