メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

くらしナビ・ライフスタイル

貧困の連鎖 教育支援で断つ

東京都足立区のRelineでボランティアと一緒に学習する高校生ら=20日、NPO法人キッズドア提供

 夏休み真っただ中。キャンプや海水浴など日ごろできない経験をする子がいる一方、家庭の経済状況が厳しく行けない子もいる。厚生労働省の調査で子どもの7人に1人が貧困と言われる中、子どもを支える活動にはどんなものがあるのか。

 ●「相談の場」も担う

 東京都足立区の駅から徒歩数分のビルの一室。多くの学校で1学期の終業式があった20日午後4時すぎ、制服姿の高校生たちが「こんにちは」と明るい声であいさつしながら次々と集まってきた。

 NPO法人「キッズドア」(東京都中央区)が経済的に厳しい家庭の高校生を対象に開設している居場所型学習会だ。室内には机が並ぶ学習スペースと、テレビやテーブルが置かれただんらんの場所がある。毎回、手作りの軽食を出しており、この日は準備中のカレーピラフが香っていた。

この記事は有料記事です。

残り1858文字(全文2199文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新たに25人感染 ほとんど経路不明 クルーズ船下船者が陽性 新型肺炎

  2. 金沢市内の男子中学生陽性 感染者の家族 症状なし、学校は休校に 新型肺炎

  3. 新型肺炎対応の医師ら「バイ菌扱い」 子どもに登園自粛要請 日本災害医学会が抗議

  4. クルーズ船下船後に女性が陽性、発熱 初のケース 栃木県発表 新型肺炎

  5. 新型コロナ「花見川区の中学校教諭り患」「安易に校名広げない配慮を」 千葉市長がツイート

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです