メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

この空の下で

それぞれの移住物語 徳島・神山町 リモートワーカー・大石宗貴さん 遠隔地でのびのび、効率重視

名刺管理サービス会社「Sansan」の神山ラボで、画面越しに打ち合わせをする大石宗貴さん=徳島県神山町で、野口由紀撮影

 JR徳島駅から車を約1時間走らせると、山々に囲まれた徳島県神山町にたどり着いた。のどかな田畑に臨む古民家に、ITで時代を切り開こうとする名刺管理サービス会社「Sansan」(本社・東京都渋谷区)がサテライトオフィスを構えている。

 6畳ほどの納屋を改修した部屋を仕事場とするセールスディベロップメント部の大石宗貴さん(30)の前にはパソコンの画面が四つ。そのうち一つは本社の同じ部署の映像が常に映し出されている。相談ごとや、時には一緒にランチも。同僚とは画面越しに日々、顔を合わせている。

 Sansanが2010年10月に開設した、この「神山ラボ」では、東京と同じ仕事を遠隔地で行う「リモ…

この記事は有料記事です。

残り1273文字(全文1567文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 麻生財務相の言いたい放題、なぜ許される 批判の声と許容の声
  2. 盗難の松本清張全集、ファン寄贈 北九州の図書館、書棚に戻る
  3. 「女子はコミュ力が高いが20歳過ぎれば差がなくなるので男子を補正」 順天堂不適切入試
  4. 特集ワイド 道徳教材、透ける「押し付け」 中学教科書、開いてみると…
  5. ふるさと納税、偽サイト乱立 大幅「割引」うたい返礼品届かず 福岡県警が捜査

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです