メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

西日本豪雨

台風接近「頭上に爆弾」 不法投棄土砂に不安

投棄や無許可造成で生じた土砂が崩れた現場を示す住民男性。なぎ倒された木が残っていた=京都市伏見区小栗栖石川町で2018年7月24日、飼手勇介撮影

 投棄や無許可造成で崩落防止工事中だった土砂が西日本豪雨で崩れ、住宅街に迫った京都市伏見区の大岩山のふもとでは、住民たちが次の豪雨への不安を募らせている。26日には市議会委員会でも取り上げられ、市も台風12号に備えて緊急会議を開催。今週中に専門家に現地を調査をしてもらい、住民の避難計画をまとめるという。だが、防止工事をする業者からも市からも、経緯や対策について住民にまともな説明はなく、不信感も根強い。

 「頭の上に爆弾があるようなもの。1分でも早く対策を取ってほしい」。夫と中学生の長女と暮らす中村美樹さん(50)は地肌がむき出しの山頂を不安そうに見つめる。土砂は住宅地の10メートルほど上にある農業用ため池を埋め尽くして止まったが、近くに幼稚園もある。小栗栖自治会(40世帯)の西村嗣子会長(81)は「自分は避難しなかったが、これほど崩れるとは。今回は命拾いしたが、いつ次の土砂崩れが起きるか分からな…

この記事は有料記事です。

残り600文字(全文1002文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「新型コロナ影響で収入減る」漏らした妻への傷害容疑 夫逮捕、妻は死亡

  2. 現金給付の厳しい条件など「不満のオンパレード」自公に続出 早くも「更なる経済対策を」

  3. 慎重だった首相、なぜ緊急事態を宣言せざるを得なくなったのか その「腐心」を読む

  4. 保育園は休園?買い占めで食料不足?補償はいつ? 緊急事態宣言で市民に渦巻く不安

  5. 慶応大病院で初期研修医18人集団感染 40人で飲食

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです