メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

西日本豪雨

台風接近「頭上に爆弾」 不法投棄土砂に不安

投棄や無許可造成で生じた土砂が崩れた現場を示す住民男性。なぎ倒された木が残っていた=京都市伏見区小栗栖石川町で2018年7月24日、飼手勇介撮影

 投棄や無許可造成で崩落防止工事中だった土砂が西日本豪雨で崩れ、住宅街に迫った京都市伏見区の大岩山のふもとでは、住民たちが次の豪雨への不安を募らせている。26日には市議会委員会でも取り上げられ、市も台風12号に備えて緊急会議を開催。今週中に専門家に現地を調査をしてもらい、住民の避難計画をまとめるという。だが、防止工事をする業者からも市からも、経緯や対策について住民にまともな説明はなく、不信感も根強い。

 「頭の上に爆弾があるようなもの。1分でも早く対策を取ってほしい」。夫と中学生の長女と暮らす中村美樹…

この記事は有料記事です。

残り750文字(全文1002文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 冬のボーナス 公務員県一般職、平均は88万3874円 /長崎
  2. 医療用麻薬乱用容疑、40代女性医師が死亡 仙台中央署が書類送検へ
  3. 日本のファーウェイ排除方針、中国が非難
  4. 中国、必死の反発 カナダに対抗策も ファーウェイCFO拘束 
  5. 政府、ファーウェイの排除へ 米国に歩調

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです