メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
西日本豪雨

台風接近「頭上に爆弾」 不法投棄土砂に不安

投棄や無許可造成で生じた土砂が崩れた現場を示す住民男性。なぎ倒された木が残っていた=京都市伏見区小栗栖石川町で2018年7月24日、飼手勇介撮影

 投棄や無許可造成で崩落防止工事中だった土砂が西日本豪雨で崩れ、住宅街に迫った京都市伏見区の大岩山のふもとでは、住民たちが次の豪雨への不安を募らせている。26日には市議会委員会でも取り上げられ、市も台風12号に備えて緊急会議を開催。今週中に専門家に現地を調査をしてもらい、住民の避難計画をまとめるという。だが、防止工事をする業者からも市からも、経緯や対策について住民にまともな説明はなく、不信感も根強い。

 「頭の上に爆弾があるようなもの。1分でも早く対策を取ってほしい」。夫と中学生の長女と暮らす中村美樹…

この記事は有料記事です。

残り750文字(全文1002文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 500ミリ飲料のストロー穴復活! ストローは付きませんが…グリコ「マイルドカフェオーレ」など

  2. 大阪メトロ、車掌が乗務中にディズニーツムツム「駄目なのは分かりつつ…」

  3. カジノ誘致 横浜市が表明へ 林市長、週内にも

  4. 桃田、西本、常山ら順当に2回戦へ 世界バドミントン開幕

  5. 「敵に塩」ならぬ「相手投手に水」 仙台育英・小濃が星稜・荻原に「まだ先が長いんだから」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです