メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

鳥羽水族館

皮膚が透明なアマガエルの展示始まる

皮膚が透明なため黒っぽく見えるアマガエル(右)と通常のアマガエル=鳥羽水族館提供

 皮膚が透明な珍しいアマガエル2匹が鳥羽水族館(三重県鳥羽市)に持ち込まれ25日、展示が始まった。

 通常は体は緑色だが、2匹は透明な皮膚をし、内臓の影などで黒っぽく見える。水族館によると、ともに体長は約2センチで性別不明。劣性遺伝や突然変異で特定の色を反射する色素胞がなくなったとみられる。

 8日に伊勢市の会社員、浜口英恵さん(4…

この記事は有料記事です。

残り122文字(全文287文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. WEB CARTOP イラッ! 駐車場はガラガラなのになぜか隣にクルマを駐めてくる「トナラー」の真意とは
  2. プロ野球 日本ハム 打たれない斎藤佑!韓国・NC戦2回完全に続き3回無失点(スポニチ)
  3. 中江首相秘書官「検討申し上げたかも」 勤労統計対象入れ替え
  4. 不法残留 ベトナム人7人、疑いで逮捕 苫小牧市内で /北海道
  5. 囲碁 小4仲邑菫さん、世界的強豪の壁高く

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです