メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

鳥羽水族館

皮膚が透明なアマガエルの展示始まる

皮膚が透明なため黒っぽく見えるアマガエル(右)と通常のアマガエル=鳥羽水族館提供

 皮膚が透明な珍しいアマガエル2匹が鳥羽水族館(三重県鳥羽市)に持ち込まれ25日、展示が始まった。

 通常は体は緑色だが、2匹は透明な皮膚をし、内臓の影などで黒っぽく見える。水族館によると、ともに体長は約2センチで性別不明。劣性遺伝や突然変異で特定の色を反射する色素胞がなくなったとみられる。

 8日に伊勢市の会社員、浜口英恵さん(4…

この記事は有料記事です。

残り122文字(全文287文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 気象庁、台風19号を命名へ 42年ぶり

  2. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  3. 平均39.2%、最高53.7% ラグビーW杯日本戦 関東地区視聴率で今年1位

  4. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  5. 大会期間中に天然芝全面張り替え 福岡のスタジアム 激しいプレーで想定以上に傷み

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです