多摩5人死亡火災

引火のウレタン 床下に敷き詰められ

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
火災の起きた建物(奥)に集まる消防車=東京都多摩市唐木田で2018年7月26日午後3時17分、本社ヘリから
火災の起きた建物(奥)に集まる消防車=東京都多摩市唐木田で2018年7月26日午後3時17分、本社ヘリから

 東京都多摩市のオフィスビル工事現場で作業員5人が死亡した火災で、ガスバーナーから引火したとみられる断熱材のウレタンは、地下3階の床下に敷き詰められていたことが捜査関係者への取材で明らかになった。警視庁は床板の隙間(すきま)から火花が入ったとみて調べている。

 捜査関係者によると、火元となった地下3階では、複数の作業員が鉄骨の作業台を解体するため、アセチレンガスのバ…

この記事は有料記事です。

残り275文字(全文458文字)

あわせて読みたい

注目の特集