メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

西日本豪雨

避難基準緩和 岡山、広島、愛媛の14市町村

 西日本豪雨での甚大な被害を受け、岡山、広島、愛媛3県の少なくとも14市町が2次災害に備えて早めの避難を促そうと、避難情報を出す基準を緩和していることが26日、分かった。国土交通省の助言を踏まえたり、独自に判断したりした暫定的な措置で、3県の市町村の2割に上る。

 国交省は今後の雨で土石流が再び起きたり、流出土砂が川をふさぎ氾濫したりする危険があるとしている。西日本豪雨は27日で3週間。台風シーズンに入り、被災地では警戒を強めている。

 避難に関する内閣府のガイドラインでは、大雨警報で避難準備・高齢者等避難開始を、土砂災害警戒情報で避…

この記事は有料記事です。

残り574文字(全文842文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 特集ワイド 安田純平さん シリア拘束で「無期懲役の恐怖」 自分の人生、変えていきたい
  2. 米国 ガガさん「大統領、少しは加州の人に思いを」と批判
  3. 米ユダヤ系団体 ナチス帽着用でBTS非難
  4. 安田純平さん シリア拘束時 浮かんでは消えた「やりきれなかった仕事」
  5. 日米野球 日本が九回に2点差を逆転 通算3勝1敗に

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです