電通・違法残業

元上司の男性、検察審査会「不起訴相当」

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
議決の要旨を貼り出す裁判所職員=千代田区霞が関で2018年7月27日午後3時36分、石山絵歩撮影
議決の要旨を貼り出す裁判所職員=千代田区霞が関で2018年7月27日午後3時36分、石山絵歩撮影

 電通の新入社員で2015年に過労自殺した高橋まつりさん(当時24歳)に違法残業をさせたとして、労働基準法違反(長時間労働)の疑いで書類送検され、不起訴(起訴猶予)処分となっていた元上司の男性について、東京第1検察審査会は27日、不起訴を相当とする議決を公表した。議決は12日付。

 議決要旨によると、元上司は部下の1日当たりの残業時間への認識が薄…

この記事は有料記事です。

残り260文字(全文433文字)

あわせて読みたい

注目の特集