メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

西日本豪雨

真備地区2100棟「全壊」一括判定

西日本豪雨で大量の土砂が流れ込んだ住宅地。流木や車両の撤去をするための重機がまだ入れず、家の中から出された土砂を入れた土のうも山積みで、自衛隊が運び出す作業に着手している=広島市安芸区矢野西で2018年7月26日午前10時22分、和田大典撮影

 西日本豪雨は、大雨特別警報が最初に発表されてから27日で3週間。総務省消防庁の26日現在のまとめでは住宅被害は32道府県の4万3006棟に拡大しており、岡山県倉敷市は大規模な浸水被害があった同市真備(まび)町地区の住宅約2100棟を一括して「全壊」と判定した。罹災(りさい)証明書を早期に発行するためで、各地でも住宅再建や仮設住宅建設への動きが進む。

 倉敷市が実施した一括判定は、東日本大震災後の2013年に改定された国の被害認定基準の運用指針に盛り…

この記事は有料記事です。

残り371文字(全文597文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 即位の礼 来日中のドゥテルテ大統領、饗宴の儀欠席 バイク事故で痛み、前倒し帰国へ

  2. 即位の礼 饗宴の儀、華やかに 皇后陛下ロングドレス 出席者も鮮やか民族衣装で

  3. 即位の礼 小ダイ姿焼き、フカヒレ茶わん蒸し、加薬飯、イセエビ吸い物…饗宴の儀、秋づくしの和食で

  4. 即位の礼 海外も高い関心 中韓で生中継 韓国「憲法」「平和」に注目 即位礼で

  5. 共産党「現行憲法に抵触」即位礼など欠席 他の主要政党は祝意

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです