メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

オウム

6人それぞれの贖罪 水墨画で実母への思い

「誇り高き母」と題された岡崎一明元死刑囚の水墨画=埼玉県内で2018年7月16日、伊藤直孝撮影

 オウム真理教事件は26日、死刑が確定した教団元幹部ら13人の刑執行を終えた。今回の6人の死刑囚は、いずれも執行が近いと受け止め、贖罪(しょくざい)の思いを抱えて自身と向き合う姿もあった。

 「もう時間がない。絵画や手記に一分でも一秒でも集中するつもりです」。教団の古参幹部だった岡崎(現姓・宮前)一明死刑囚は今月9日、支援者に手紙で心境を明かした。獄中では水墨画に傾倒。刑執行後は拘置所による遺骨の処分を望んでいた。

 岡崎死刑囚は死刑確定後の2008年ごろから「言葉以外でないと表現できない」と筆ペンで山河や鳥を描き…

この記事は有料記事です。

残り653文字(全文911文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 加藤浩次さん、大崎・岡本両氏退陣なければ「吉本やめる」
  2. 吉本興業、宮迫さんらの処分撤回 岡本社長、会見で謝罪
  3. 「著名人」当選は3人 最多得票れいわ・山本太郎氏、96万票獲得も落選
  4. 京アニ「社員の師匠」木上さん、なお不明 「キャラに生命」「あの優しい人が…」
  5. 吉本・岡本社長一問一答(1) 「つらい思いさせた、耳かたむけたい」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです