メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外コービー・ブライアント氏墜落死 元NBAスター
オウム

6人それぞれの贖罪 水墨画で実母への思い

「誇り高き母」と題された岡崎一明元死刑囚の水墨画=埼玉県内で2018年7月16日、伊藤直孝撮影

 オウム真理教事件は26日、死刑が確定した教団元幹部ら13人の刑執行を終えた。今回の6人の死刑囚は、いずれも執行が近いと受け止め、贖罪(しょくざい)の思いを抱えて自身と向き合う姿もあった。

 「もう時間がない。絵画や手記に一分でも一秒でも集中するつもりです」。教団の古参幹部だった岡崎(現姓・宮前)一明死刑囚は今月9日、支援者に手紙で心境を明かした。獄中では水墨画に傾倒。刑執行後は拘置所による遺骨の処分を望んでいた。

 岡崎死刑囚は死刑確定後の2008年ごろから「言葉以外でないと表現できない」と筆ペンで山河や鳥を描き…

この記事は有料記事です。

残り653文字(全文911文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型肺炎 中国「感染力強まった」 海外団体旅行禁止

  2. 山形唯一の老舗百貨店「大沼」破産申請へ 従業員200人解雇方針

  3. 副業に励む医学部教授ら 国公立の15人に製薬マネー1000万円超 18年度

  4. 亡き2人にささげる初優勝 徳勝龍、恩師は近大時代の監督と北の湖

  5. 平幕の徳勝龍が初優勝 「幕尻」優勝は20年ぶり 千秋楽結びの一番も勝利

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです