東京五輪・パラ

「授業避けて」国通知、ボランティア促す

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
建設工事が進む新国立競技場=本社ヘリから西本勝撮影
建設工事が進む新国立競技場=本社ヘリから西本勝撮影

 スポーツ庁と文部科学省は26日、2020年東京五輪・パラリンピックの期間中にボランティアに参加しやすいように全国の大学と高等専門学校に授業や試験期間を繰り上げるなど柔軟な対応を求める通知を出した。

 多くの大学は7~8月が試験期間となる。通知では学生がボランティアをすることへの意義を説き、大会期間中…

この記事は有料記事です。

残り150文字(全文300文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集