メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
らっこ・ライブ・レビュー

「風のコトダマ2」 歌の言葉の再生に立ち会う

松本隆(左)と若村麻由美 提供:ビルボードライブ東京

 「ぼーっと聞いてるとただのヒット曲ですから」。うつむき加減でそう言って客席を笑わせた松本隆の言葉がこの試みを象徴しているだろう。彼が書いた歌の言葉を女優・若村麻由美が純邦楽の横笛奏者、藤舎貴生の演奏とともに朗読するという異色のライブ。一昨年に続く2回目はピアノの清塚信也も参加。選曲はプロデューサーでもある藤舎貴生。1部はピアノとポップス曲、2部が笛とクラシックや源氏物語などを題材にした古典音楽曲に分けられていた。

 松本隆は、日本語が乗りにくいと言われていたロックのビートに文学的な言葉を乗せ「日本語のロックの元祖…

この記事は有料記事です。

残り514文字(全文773文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 杉田水脈議員の「住所さらし」ツイートは間違いだった 「扇動」責任の行方は

  2. 水卜麻美アナウンサー 24時間テレビ「24時間駅伝」4人目のランナーに

  3. ペットフードからサルモネラ菌 犬14匹死ぬ、汚染原因は不明

  4. 韓流パラダイム 文大統領が沈黙を続ける 2005年に下した徴用工問題巡る外交判断

  5. やじ相手に3歳長男を投げつけ容疑 阪神ファン書類送検

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです