メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

被爆体験記

よみがえる 12年前解散、被爆者団体の3冊 奈良の45歳、再刊へ奔走

奈良県の被爆者たちが残した体験記を再び刊行しようと奔走する入谷方直さん。「被爆者の記憶がより多くの人の目に触れるようになってほしい」と願う=奈良市で、佐藤英里奈撮影

 12年前に解散した奈良県の被爆者団体に所属していた被爆者たちの被爆体験記を集め直し、改めて刊行しようと、奈良市に住む広島出身の男性が奔走している。被爆者の高齢化が進み、体験談を直接聞くことが年々難しくなる中、「被爆者たちの記憶を未来につなげたい」と意気込む。【佐藤英里奈】

 団体職員の入谷方直(まさなお)さん(45)。自身は1歳のころに広島を離れたが、被爆死した親族がいることもあり、以前から被爆者運動に共感を持っていた。それだけに、2006年に奈良県原爆被害者の会「わかくさの会」が高齢化などを理由に、日本原水爆被害者団体協議会の傘下組織として最初に解散した時はショックを受けた。

 約5年前、仕事で広島の仏像を修理する機会があった。「奈良にいても広島のために何かできるのではないか…

この記事は有料記事です。

残り466文字(全文808文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 富士通 早期退職に2850人
  2. 堀ちえみさん、口腔がん「ステージ4」 ブログで公表
  3. マムシ 露天風呂でかまれる 京丹後市営温泉で男性客 市が防除など指示 /京都
  4. 感染症 ネコにかまれ50代女性死亡 マダニが媒介
  5. 大津中2自殺 いじめとの因果関係認定 元同級生側2人に賠償命じる

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです