メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

比布中

交流施設に 町とヴォレアス、30日に協定調印 /北海道

 比布町と道内初のプロバレーボールチーム「ヴォレアス北海道」の運営会社「ヴォレアス」(旭川市・池田憲士郎社長)は、今夏の移転後に解体予定だった比布中学校の校舎と再利用を検討していた体育館を、チーム専用アリーナや地域交流施設などに生まれ変わらせることに決めた。30日に協力協定の調印式と池田社長による構想の説明会がある。

 比布中は施設が老朽化し、2019年度から小中一貫教育を導入することから、比布中央小の隣に校舎などを新築。今回、ヴォレアスからの提案を受け、校舎を選手の合宿施設や住民が気軽にスポーツを楽しめる複合交流施設に、体育館はバレーボール専用アリーナとして利用することになった。

この記事は有料記事です。

残り144文字(全文437文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大人気、耳にかけないマスク 「小耳症」の人にも 誰もが当たり前に着けられるように

  2. 大阪の新規感染318人 300人超は3日ぶり 新型コロナ

  3. ソフトバンクの選手が付けている目の下の「黒いアレ」って何?

  4. 東京都内で401人の感染確認 400人以上は4日ぶり 新型コロナ

  5. 日本新薬が逃げ切る TDKは1点差に迫るもあと1本が出ず 都市対抗

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです