メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

学習会

「種子法廃止」で講演 元農相・山田氏招き 米沢 /山形

 今年4月に廃止された主要農作物種子法(種子法)をめぐり、米沢市の生活クラブやまがた生活協同組合が26日、同市内で学習会を開いた。農家や食品加工、流通・販売に携わる約40人が参加し、元農相の山田正彦弁護士が「種子法廃止とこれからの日本の農業について」と題して講演した。

 元衆院議員で民主党政権下の2010年に農相を務めた山田氏は「種子法廃止で食料の安全と生産の安定が損なわれ、種子が値上がりする可能性がある」と訴える。

 廃止をめぐっては「森友・加計学園問題の陰で、国会での十分な審議もなしに種子法廃止が決まった」と批判。「規制緩和を旗印に、種子生産に民間企業の参入を認め、都道府県が培ってきた種子生産の技術を大企業に開放するのが狙いだ」とし、「世界では遺伝子組み換え作物を開発した多国籍企業が種子生産をほぼ独占し、日本の市場がターゲットになっている」と警鐘を鳴らした。

この記事は有料記事です。

残り150文字(全文534文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 10万円を2196人に二重給付 大阪・寝屋川市、計2.1億円返還求める

  2. 摂津市、事務ミスで1500万円過大還付 60代男性「使ってしまい、返還困難」

  3. 板挟みで「心がおかしくなりそう」 給付金窓口で矢面に立つ派遣社員の叫び

  4. 少子化 「第1子に100万円」 子供を産みたいと思える環境作りを早急に

  5. 「空前絶後」「一気呵成」…なぜ情緒的で大げさなのか 首相のコロナ語録

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです