メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東日本大震災

福島第1原発事故 仮設住宅打ち切り未定の6町村 5000世帯も意向調査 県「早期から再建へ支援」 /福島

避難先自治体など連携 11月にも開始

 東京電力福島第1原発事故に伴う応急仮設住宅の無償提供について、県は、打ち切り時期が未定の6町村の約5000世帯について、今年度から次の住まいに関する意向調査を始める。これまでの意向調査は、仮設の打ち切り時期が決まってから始めていたが、避難生活の長期化で生活の課題が個別化・複雑化しており、県は「早い段階から再建に向けた支援につなげたい」としている。6町村や避難先の自治体と連携し、11月にも調査を始める。【尾崎修二】

 打ち切り時期が未定なのは、双葉、大熊、富岡、浪江4町の全域と飯舘、葛尾両村の帰還困難区域。県は打ち…

この記事は有料記事です。

残り1022文字(全文1299文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. タイキシャトルのたてがみ切られる「見学のお客さん信頼していたのに残念」

  2. 男子27位、ぼうぜん井上大仁 アジア大会「金」、暑さに強いはずがまさかの最下位 MGC

  3. 世界経済・見て歩き 中国・華西村 「金持ち村」の今 錬金術あだ、火の車 需要無視し過剰投資

  4. 直径1.5メートル超 巨大キノコ、埼玉・坂戸で発見 /東京

  5. 金哲彦のレース展望・解説 “MVP”前田穂南は五輪メダル級の力 男子「4強」は冷静さ欠く

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです