ツペラツペラ絵本の世界展

絵本読み聞かせ、親子70人楽しむ うらわ美術館 /埼玉

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 さいたま市浦和区のうらわ美術館で「ぼくとわたしとみんなのtupera tupera絵本の世界展」が開催されているのに合わせ、同美術館情報コーナーで27日、ボランティアらによる絵本の読み聞かせ会が行われ、親子約70人が参加した。

 子どもへの読み聞かせなどの活動をしている「浦和子どもの本連絡会」の石川栄さん(78)らが、ツペラツペラの絵本「おばけだじょ」「あかちゃん」を読み、子どもたちと手遊びもした。

 千葉県から来たという岡本和真君(8)は「小さいころからずっとツペラツペラの本を読んでいて、今日も『おばけだじょ』が面白かった」と笑顔で話した。同美術館では8月28日までの毎週火曜と金曜の午後2時から30分間、読み聞かせ会を開催している。無料。【山寺香】

この記事は有料記事です。

残り175文字(全文503文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集