メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

こども高野山夏季大学

「見えない不安」体験 桂福点さん、命語る教室 /和歌山

こども高野山夏季大学の体験学習で、アイマスクをつけて白杖を頼りに歩く子供たち=和歌山県高野町で、望月亮一撮影

 第12回こども高野山夏季大学(毎日新聞社主催、雪印メグミルク特別協賛)は27日、落語家の桂福点さん(50)による体験教室をはじめ、はがきを作る紙すき教室など多彩なプログラムが子供たちの心をつかんだ。

 体験教室では、福点さんと視覚障害者ガイドヘルパー指導員の渡辺憲子さんが白杖(はくじょう)を使った歩き方などを手ほどき。子供たちはアイマスクを着けて目が見えない状態を体感したり、つえで前方に障害物がないか確かめながら歩いたりした。

 奈良県葛城市の中川歩さん(4年)は「目を隠して歩くと、すり足になった。つえを手にすると少し早く歩け…

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「中村屋」が中華まんミュージアムを25日に開館 全国初
  2. ザギトワ選手 再び「まどマギ」魔法少女まどかに メドベージェワ選手がほむらに “金銀コンビ”が日本CM初共演
  3. ORICON NEWS クロちゃん、脳動脈瘤の手術成功「健康を維持しなきゃいけないと思いました!」
  4. 埼玉で電車に飛び込み、男性が死亡 2人がホーム上で巻き込まれたか
  5. ローソンが「悪魔のパン」発売 「悪魔のトースト」も

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです