メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

論点

民泊は時代に合うか

大植敏生・日本民泊協会代表理事

 個人の自宅やマンションを宿泊者に有料で提供する民泊。2020年の東京五輪を視野に、急増する訪日外国人旅行者に対応するため、新ルールを定めた「住宅宿泊事業法(民泊新法)」が6月に施行された。しかし、規制の縛りがあるため営業数はまだ限られる。既存業界には安全面を危惧する声も。民泊は時代の要請に応えられるのだろうか。

この記事は有料記事です。

残り2757文字(全文2914文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京オリンピック開催判断「期限は5月下旬」IOC委員 新型コロナ感染拡大で

  2. 海からイノシシ、窒息死させて返り討ち 長崎の50代男性に警察官もビックリ

  3. 強い感染力、基礎疾患で重症化…新型コロナの「非常にやっかい」な特性 政府の課題は

  4. 新型コロナの影響で旅館が経営破綻 愛知の「冨士見荘」が破産申請 キャンセル相次ぐ

  5. 新型コロナ対応「先手先手だと思いますよ。しっかりやっている」 菅官房長官会見詳報

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです