連載

論点

ニュースをそれぞれ立場を異にする専門家や識者らが意見を交わします。

連載一覧

論点

民泊は時代に合うか

大植敏生・日本民泊協会代表理事
大植敏生・日本民泊協会代表理事

 個人の自宅やマンションを宿泊者に有料で提供する民泊。2020年の東京五輪を視野に、急増する訪日外国人旅行者に対応するため、新ルールを定めた「住宅宿泊事業法(民泊新法)」が6月に施行された。しかし、規制の縛りがあるため営業数はまだ限られる。既存業界には安全面を危惧する声も。民泊は時代の要請に応えられるのだろうか。

この記事は有料記事です。

残り2757文字(全文2914文字)

コメント

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集