メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

パキスタン総選挙

第1党PTI、116議席 与党「不正選挙」主張

選挙結果の発表の遅れに抗議する野党パキスタン人民党の支持者ら=パキスタン南部カラチで26日、AP

 【イスラマバード松井聡】パキスタンで25日実施された下院(定数342)総選挙で、選挙管理委員会は27日、小選挙区で選ばれる一般議席272のうち、開票作業を終えた265議席について、暫定開票結果を発表した。クリケットの元スター選手、イムラン・カーン氏(65)率いるパキスタン正義運動(PTI、改選前議席31)は116議席を獲得し第1党となる一方、過半数には届かない情勢。カーン氏率いる連立政権は来月にも発足する見通し。

 選管によると、汚職罪で収監中のナワズ・シャリフ元首相が事実上率いる与党パキスタン・イスラム教徒連盟シャリフ派(PML-N、同190)は64議席、故ベナジル・ブット元首相の息子ビラワル氏のパキスタン人民党(PPP、同47)は43議席にとどまった。

この記事は有料記事です。

残り862文字(全文1194文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. トイレットペーパー買い占め相次ぐ 新型肺炎の影響巡りデマ 熊本で

  2. 麻生財務相 臨時休校中の学童保育負担「つまんないこと」 新型肺炎対策

  3. 名古屋・河村市長「柔軟に考えたらどうか」 一転して卒業式「中止」から実施へ

  4. 全国の小中高校を休校 新型肺炎で首相要請 3月2日から春休みまで

  5. 金沢市長、新型肺炎対策での休校「2日からは考えていない」「時間がない」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです