メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

フィリピン

南部自治法が成立 ミンダナオ島、イスラム系政府樹立へ

施政方針演説でミンダナオ島の和平実現に意欲を示すフィリピンのドゥテルテ大統領=マニラ首都圏ケソン市で23日、AP

 【ジャカルタ武内彩】フィリピンのドゥテルテ大統領は26日、南部ミンダナオ島のイスラム系住民による自治政府樹立に向けた「バンサモロ基本法」に署名し、同法が成立した。半世紀近くにわたりイスラム系反政府勢力が分離・独立を求めて続けてきた武装闘争に終止符が打たれ、和平プロセスが進展する可能性が高まってきた。

 フィリピンは国民の9割がキリスト教徒だが、ミンダナオ島西部のバンサモロ(バンサ=国、モロ=イスラム…

この記事は有料記事です。

残り582文字(全文783文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 嵐のコンサート「開場前見たかった」ヤフオクドームに侵入容疑で男逮捕

  2. 広島の鈴木と新体操元五輪代表の畠山さんが結婚へ「力合わせ共に歩む」

  3. 羽生、プレゼントは「燃える悔しさ」 25歳誕生日、チェンと高次元の戦い

  4. 羽生2位、5度目のV逃す チェンが世界最高で3連覇 GPファイナル男子

  5. 2位の羽生「めちゃ悔しい 今に見ておけ」 GPファイナル男子

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです