メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米国

トルコ制裁を警告 正副大統領、拘束の牧師釈放求め

 【ワシントン工藤哲】トランプ米大統領は26日、米国人牧師が長期間拘束されているとして、トルコに大規模な制裁を発動する意向をツイッターで示した。北大西洋条約機構(NATO)加盟国のトルコに制裁が発動されれば、加盟国に対する異例の措置となり、エルドアン政権との関係が一層悪化する可能性がある。

 米国が釈放を求めたのは、トルコ在住の米国人、アンドルー・ブランソン牧師。20…

この記事は有料記事です。

残り277文字(全文461文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「次世代加速器」誘致支持せず 日本学術会議
  2. 札幌爆発事故 割れた窓、募る寒さ 本格復旧は来年へ
  3. ことば 寝屋川中1男女殺害事件
  4. 札幌爆発事故 不動産のアパマンがおわび文
  5. ニッポンへの発言 キーワード 「高輪ゲートウェイ」化するニッポン=中森明夫

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです