メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米国

トルコ制裁を警告 正副大統領、拘束の牧師釈放求め

 【ワシントン工藤哲】トランプ米大統領は26日、米国人牧師が長期間拘束されているとして、トルコに大規模な制裁を発動する意向をツイッターで示した。北大西洋条約機構(NATO)加盟国のトルコに制裁が発動されれば、加盟国に対する異例の措置となり、エルドアン政権との関係が一層悪化する可能性がある。

 米国が釈放を求めたのは、トルコ在住の米国人、アンドルー・ブランソン牧師。20…

この記事は有料記事です。

残り277文字(全文461文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 宮内庁 仁徳天皇陵を発掘へ 今月下旬から堺市と共同で
  2. 森元首相 「余計なことしやがって」 石破氏依頼に苦言
  3. 個人情報 本物のパスワード記載「脅迫メール」が横行
  4. ステルス戦闘機 ハリケーン直撃で大量に大破か 米国
  5. 今どきの歴史 世界遺産候補 百舌鳥・古市古墳群(大阪府) 悩ましき被葬者論争

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです