メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

金融庁

天下り違法3人処分 職員情報提供7件

 金融庁は27日、天下りに絡む違法行為が7件あり内閣府の再就職等監視委員会に報告、関係した審議官級の職員ら3人を同日付で減給処分などにしたと発表した。金融庁を巡っては、野田聖子総務相に関係する情報公開請求の内容が漏えいした問題でも職員に厳重注意などの処分を出す方向で検討しており不祥事が続いている。

 金融庁は今回の違法行為で実際に退職者が再就職した事例が2件あったと明らかにしたが、国家公務員法は現職の職員を対象としており、退職者は原則、懲戒などの…

この記事は有料記事です。

残り337文字(全文561文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ANAホテル「営業の秘密と言った事実はない」 安倍首相答弁を否定

  2. 痴漢 電車扉付近は注意 被害の9割集中 ポスター・女性専用車…警察・交通機関、対策に懸命

  3. 東京マラソン 一般参加取りやめ、エリートのみ200人規模で実施 新型肺炎

  4. 女性専用車両 トラブル 故意の男性乗車「NO」 市民団体、メトロに要望

  5. 東京マラソン 一般の参加料は返金せず 国内ランナー1万6200円 来年の出走権付与

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです