メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

貿易激震

米車関税、日本苦慮 経産相、トランプ支持州行脚

 日本がトランプ米政権が検討する自動車の輸入制限への対応に苦慮している。米国は関税交渉開始で合意した欧州には輸入制限を当面、発動しないことを約束したが、日本への対応は不明。日米は8月上旬にも新たな貿易協議(FFR)を始めるが、米側が日本車の輸入制限をちらつかせて2国間の自由貿易協定(FTA)交渉を迫る懸念がある。世耕弘成経済産業相は近く訪米し、日系自動車メーカーの現地拠点の州で発動回避を訴える構えだ。【和田憲二】

 「日本企業による投資や雇用を通じた地元経済への貢献について関係者の理解を得たい」。世耕氏は27日の…

この記事は有料記事です。

残り784文字(全文1042文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. マンホールから頭出し車と接触、死亡 下水道清掃中に 愛知・刈谷

  2. 柵なく、警備員1人で誘導 マンホールから頭出し車接触、男性死亡 愛知・刈谷

  3. デマがSNSで拡散「武漢から関空入りの新型肺炎患者が逃走」 モザイク入り微博画像から

  4. 「いつもより飲める」「働き方改革は…」 大阪・御堂筋線で2時台まで終電延長実験

  5. 欧州、豪でも初の感染者 中国では1287人、死者41人に 新型肺炎

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです