メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

JR北海道

400億円支援、自立迫る 国交省が監督命令

藤井直樹鉄道局長(右)から命令書を受け取るJR北海道の島田修社長=東京・霞が関の国交省で2018年7月27日午後2時33分、竹内紀臣撮影

 国土交通省は27日、JR北海道に2019~20年度の2カ年で400億円台の経営支援を表明するとともに、経営改善を求める監督命令を出した。国交省は2カ年を集中改革期間と定め、抜本的な利用促進やコスト削減に取り組むよう求めた。営業赤字が続くJR北は支援と引き換えに、短期間で改革の成果を出せるかが問われる。

 「経営自立のためには、JR北が不退転の覚悟を持って収益の増加とコスト削減に取り組み、徹底した意識改…

この記事は有料記事です。

残り439文字(全文641文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 宮川花子さん、多発性骨髄腫を公表 「舞台に立って感謝の涙を流したい」

  2. 中村哲さん合同葬「父から学んだことは、思いを大切にすること…」 長男健さんコメント全文

  3. 疑問氷解 人間に育てられた犬や猫は、動物の言葉はわからないのですか?

  4. 菅氏「バックアップデータは行政文書ではない」 桜を見る会名簿

  5. 神戸市立小教諭いじめ「連帯責任」 小中高校長ら320人ボーナス増額見送り

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです