メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

JR北海道

400億円支援、自立迫る 国交省が監督命令

藤井直樹鉄道局長(右)から命令書を受け取るJR北海道の島田修社長=東京・霞が関の国交省で2018年7月27日午後2時33分、竹内紀臣撮影

 国土交通省は27日、JR北海道に2019~20年度の2カ年で400億円台の経営支援を表明するとともに、経営改善を求める監督命令を出した。国交省は2カ年を集中改革期間と定め、抜本的な利用促進やコスト削減に取り組むよう求めた。営業赤字が続くJR北は支援と引き換えに、短期間で改革の成果を出せるかが問われる。

 「経営自立のためには、JR北が不退転の覚悟を持って収益の増加とコスト削減に取り組み、徹底した意識改…

この記事は有料記事です。

残り439文字(全文641文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 深田恭子 「ルパンの娘」“泥棒スーツ”姿披露 瀬戸康史らと決めポーズ サカナクションが主題歌
  2. 堺市長選で選挙違反 元市議らを書類送検 法定外文書を1万枚配布疑い
  3. 女性巡査が「出会い系」通じ男性と交際、懲戒処分に 山口県警
  4. 「闇営業」問題 吉本興業が宮迫博之さん、田村亮さんら11人を謹慎処分に
  5. 梶裕貴さんと竹達彩奈さんによる結婚発表メッセージ全文

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです