メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

経済観測

長期的に食糧増産は可能か=資源・食糧問題研究所代表 柴田明夫

 「地球温暖化の危機」を実感するようになった。農業への影響も甚大だ。国連食糧農業機関(FAO)は、2050年までに世界で必要な食糧(穀物)生産量を00年の2倍とみている。気象が「極端化」し、作物の生育環境が大きく変化する中、われわれは限られた土地と水の制約の下で、食糧生産を増やしていくことができるのだろうか。

 FAOによれば、世界穀物生産量は1960年から増加傾向をたどり、16年には3・12倍になった。この…

この記事は有料記事です。

残り521文字(全文726文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 首相ヤジに「#共産党は私だ」「#共産党は仲間だ」投稿広がる

  2. 3分でわかる政治の基礎知識 「27億円」秋篠宮さまが公費支出に疑問 大嘗祭の秘儀と費用

  3. 「桜を見る会」前夜祭は5000円で足りたのか 相場の半額…首相側の負担は?

  4. 声変わり前の中学生が女子高生のふり 出会い系アプリで誘い暴行

  5. 王将戦リーグ 藤井七段が久保九段破り首位タイ 19日に挑戦権かけて広瀬竜王戦

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです