メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

女の気持ち

保養 福島県南相馬市・高村美春(主婦・50歳)

 夏休みを迎え、小6の三男が北海道に出かけました。3週間過ごす予定です。放射線の影響から離れて暮らす「保養」です。福島第1原発の事故から7年。各地のご支援で続いている保養ですが、受け入れ先は年々減っています。支援団体への寄付もボランティアも少なくなっている現実があります。

 東日本大震災の翌年、チェルノブイリ原発を訪ねました。ベラルーシでお母さん方とも会いました。「事故から何年たとうと苦しみと悲しみは変わらない」と聞きました。

 リスクを軽んじるのではなくしっかり受け止め、被災地に生きようと思いました。でもこの日本では、子ども…

この記事は有料記事です。

残り333文字(全文597文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 嵐・松本さん、KAT-TUN亀梨さん炊き出しで被災地激励 千葉・館山

  2. 滝沢秀明社長ら台風被害の千葉でボランティア YOSHIKIは1000万円寄付(スポニチ)

  3. 小山慶一郎 情報番組復帰 10月からTOKYO MX「バラいろダンディ」(スポニチ)

  4. 水川あさみさんと窪田正孝さんが結婚「にぎやかで面白い家庭を」

  5. ORICON NEWS AAA西島隆弘が千葉県で復興支援 物資の搬送や写真撮影にも応じる

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです