メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

我らが少女A

/352 第9章 32=高村薫 田中和枝・挿画監修

 午前八時過ぎ、多磨駅は一年も残り少なくなった月曜日の通勤客がいつものように武蔵境行きに吸い込まれてゆき、ホームで指差喚呼をする小野がおり、改札に立つ助役がおり、開店準備を始めた駅前の商店主たちがいる。おはよう! やあ、おはよう! 昨日の競艇の市原カップはまた万舟券が出たらしい。外大はもう授業はないが、大学に出てくる学生たちはおり、一本前の是政行きには、春に上田朱美に似ていると思った女子学生が乗っていて、小野はちょっと眼(め)を留めた。とくに何を考えたわけでもないが、その女子学生、あるいは上田朱美の顔をまた少し頭の片隅に浮かべたまま改札に立つ、その頭上を小型機の低い爆音が流れてゆく。

 浅井忍はパッカー車と伴走しては飛び乗り、飛び降り、また飛び乗って、燃えるゴミの回収に精を出す。朝一…

この記事は有料記事です。

残り610文字(全文955文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 死者54人不明17人 避難者3万8000人 雨に警戒を 台風19号

  2. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  3. 台風19号で長野のライフラインにも打撃 1万1000人態勢で復旧作業

  4. 路上生活者、台風19号の避難所入れず 台東区「住所ないから」

  5. 平尾誠二さん死去 800人が感謝 山中所長「治せなかった」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです