連載

子育て親子

子どもの成長に生かせる、学校現場の取り組みや専門家のアドバイスなどを紹介します。

連載一覧

子育て親子

絵本活用し幼児期から性教育

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 <くらしナビ ライフスタイル>

 誤った性の情報が氾濫し、スマートフォンの普及で子どもも簡単にアクセスできてしまう今、親は正しい知識をどう伝えたらよいのか。長年、子どもの性教育に取り組む専門家らに、幼い子どもが生活の中で自然に学べる方法を聞いた。

 「性について知ることは、子どもが性暴力に巻き込まれないためにも大切。大人は性教育=性交について教えると思ってしまうが、重要なのは自分の体を大切にできることです」。長年、子どもの性教育に取り組む“人間と性”教育研究協議会幹事で元小学校教諭の星野恵さんはそう話す。「難しく考えず、日常生活の中で自分の体を知ることから始めましょう」

 まずは他の体のパーツと同様に、名前を知ることから。「男の子は立っておしっこをするけれど、女の子はしゃがんでするのはなぜ」と子どもに聞かれたら、恥ずかしがらずに「女の子はおちんちんがないね。おしっこの出るところの形で男か女かわかる。そこは性器という名前だよ」などと説明する。男の子のおしっこの出るところはペニスという名前、ペニスの後ろにしわのある袋があること、女の子はおしっこの出口の他に赤ちゃんが生…

この記事は有料記事です。

残り1495文字(全文1982文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集