アメリカンフットボール

日大、改善策4項目公表 外部からの監視など

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 日本大は27日、関東学生アメリカンフットボール連盟に提出したチーム改善報告書を公表した。部外によるモニタリングなど4項目の再発防止策を示した。関東学連は31日に理事会を開き、公式試合の出場禁止処分の解除の可否を判断するが、不十分な内容と厳しい見方が広がっている。

 17日付の報告書が列挙した「再発防止策の策定・実施」は(1)抜本的なチーム・組織改革(2)相談体制・コミュニケーションの改善(3)ルールの順守意識・暴力に対する規範意識の向上(4)部外からのモニタリング--の4項目。(1)は悪質タッ…

この記事は有料記事です。

残り374文字(全文623文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集