メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
西日本豪雨

孤立集落、命綱の山道 巨岩急斜面…炎天下で往復 東広島

狭い山道を一輪車を押して通る坪見博文さん=東広島市河内町で2018年7月25日、池田一生撮影

 西日本豪雨の発生から27日で3週間。土砂崩れなどで12人が死亡し、1人が行方不明となった東広島市では現在も道路が寸断され、孤立状態の集落がある。山間の同市河内(こうち)町にある大和原、野々原両地区。高齢者が多いが、集落から出るには足場の悪い山道を歩かねばならず、炎天下の往復に住民は疲労感を募らせている。

 計12世帯26人が暮らす両地区周辺では6日夜の豪雨で川沿いの県道が少なくとも4カ所が崩落し、集落が…

この記事は有料記事です。

残り720文字(全文924文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「反日は一部」「少し感情的」日韓市民、一層の関係悪化を懸念 GSOMIA破棄に

  2. 中谷元防衛相「最悪の決断」 韓国のGSOMIA破棄に

  3. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

  4. 東京パラスペシャルサポーター・香取慎吾さん「できるだけ多くの人、観戦して」

  5. 米国防総省「強い懸念と失望表明」 韓国のGSOMIA破棄で声明

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです