やまゆり園

利用者との意思疎通 「指筆談」広がりの兆し

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
外出中の車内で入所者の手を握って指筆談をする職員=津久井やまゆり園提供
外出中の車内で入所者の手を握って指筆談をする職員=津久井やまゆり園提供

 横浜市内に仮園舎を置く障害者施設「津久井やまゆり園」で、重い障害がある利用者との意思疎通を問い直す動きが出ている。職員の一人は、利用者が動かす指やペンの僅かな動きを手を添えて通訳する「筆談」に可能性を見いだす。筆談を支援の枠組みに取り入れる動きはまだないが、園内では活動に共感も広がっている。

 6月、利用者とグループホーム(GH)の見学に行った帰りのバスの車中、ある女性職員は女性利用者の隣に座り、優しく手を引き寄せた。「(GHの)イメージが変わった。いい印象でした」。利用者の指がたどる筆跡を手のひらに感じた。見学は今後の暮らしのあり方を決めていく「意思決定支援」の一環でもあった。

 女性職員が試したのは「指筆談」と呼ばれる手法で、取り組んで4年ほどになる。国学院大の柴田保之教授が当事者同士の指筆談による交流会を開いていることを知り、園の利用者や職員と一緒に参加した。

この記事は有料記事です。

残り619文字(全文1006文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集